藝術空間規劃

∣Giclée技術の運用展示

 

臻印芸術はGicléeの製品を新たに竣工した興台彩色印刷事務所のオフィスに展示しており、芸術家の作品をGicléeで再現したもの以外、更に宣影布を採用しGiclée技術と室内デザインを結合しました。全ての作品は写真家が6000万画素の専門カメラで撮影し、デザイナーが大幅壁面に適用する色彩に修正したもので、一部の作品が400%まで拡大しても画質は落ちません。また、芸術壁面の製作だけではなく、更に芸術カーテンや創意ラグも揃っております。臻印は芸術作品を各種の姿で表し、芸術を生活と融合させ、芸術生活化の理想境界に至ったのです。

Giclée材質展示屏風それぞれは無酸紙「柳蔭細語 曾得標」、油彩画布「一束嫣紅 張培均」、国画紙「李世民 王雙寬」、絹「雲龍觀音」、フォト紙「撮影小品 陳政雄」。もっと近い距離で各材質のGicléeを楽しめましょう。

藝術掛簾 使用的是陳明善老師的畫作[山高水長]的局部,以陳老師畫作的山水風情表現窗外的風景,油水分離技法的表現,創造出另一種油畫的韻味。

芸術屏風 于傳騏先生の作品(通路左側)、作品「紫煙」、「煙嵐雲舞」、「雲蒸苦楝」それぞれの一部となります。于先生は中国伝統水墨画気韻生動の精神を受け、彩墨で芸術家としての生活経歴を表現しています。

通路左側の芸術屏風の原作は芸術家林季鋒先生の作品「清韻」であり、絹工筆画で作成したものです、作品については林季鋒先生が浙江美術院いた時期の作品です。

芸術壁面 写実派油彩画家李自健先生の作品2つ「童年的田野(左)、太行山(右)」をテーマとして製作しました。

創意ラグ 興台のデザイナーチームが設定、製作したもので、宣影布を採用し階段に設置したことによって面白い表現ができたのです。