關於臻印藝術

1955
興台カラー(HSING TAI)の創立者陳耿彬さんはカラースライドの撮影、現像と分色、印刷作業を研究して来ました。1995年にゴッホの作品を銅版凸版四色原色で、芸術カードに印刷しました。その後はまた陳其茂先生の木彫画を模写して、素晴らしい版画模写となって、その細かい繊細さに好評を受けました!
1959
興台カラー(HSING TAI)はKodak分色法とグラフィック印刷を入れて、より標準化の複写画フロー、より良い色修正となって、故宮博物院のハガキ、アルバムや中国語と英語のガイドブックの制作依頼も受けました。当時は絹の布に柔らかい材質に印刷するにはカード紙で乾かないインクで布を固定すれば、自由に印刷できます。しかし、絹や綿や宣紙など中国絵画の素材はもともと墨をよく吸収するため、二三回重ねて印刷して、一定の印刷濃度させる必要があります。当時もこの技術を一部の模写画市場に応用したことありました。
1980
デジタルスキャン分色に入ります。林之助先生、顏水龍先生とも陳創立者の旧友です。みんなは新しいデジタル分色で、高い品質の模写画(クオリティ模写画)の印刷をしたくて、色修正と印刷には問題なかったが、一般グラフィックインクの耐光性が二三年を超えないたため、継続はしませんでした。1980年代に興台カラー(HSING TAI)は最もクラシックな作品は沈耀初先生のアルバム、黃君璧先生のアルバムを制作しました。原作に近い表現程度を重視する仕事でした。黃君璧先生は完璧なアルバムを作るために、お正月でもっとも最高な展示時間を3月29日の青年の日に変更しても、原作が再現できる高いレベルのものを作りたかったです。先生が品質に対する拘りと指導の下で、興台カラー(HSING TAI)の模写画の技術が大きく上げられました。